暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP 

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ
 市民農園
 その他のお知らせ 

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



一昨年昨年に続きまして、このネタ。

正確には、何年も前から家にあったので、
New Faceとはちょっと違うのですけれど。
この、『峠の釜めし』の釜です。
Img_f9b61de865d969ff0a76bdc4dc8b1619
「おぎのやの峠の釜めし」の釜は、
各家庭にもっとも普及している益子焼ではなかろうか。
お宅にありませんか?
取っておきたくなりますよね?
我が家にも、いつのものやら4つありました(笑)。

夏に、台所収納の片付けをしていた時、
ずっと収納したままの4つの釜をどうしようかと思い、
2つは残して、2つはさよならしよう…と決めたのですが、
さよならしようと出しておいた2つを処分できず、数か月。
ならば使おう、と気づく。

まずは(←何となく)、炊き込みご飯。
Img_7aa1bf32e667e61990154d3189a38591
Img_928a7b2bf720e4c5ae3f7875fda9bb4f
いつもの火加減で、炊けました。
そして、とっても美味しく!できました。
手が止まらず、ぱくぱく食べてしまう(笑)。
もちろん、おこげも楽しめます。
Img_33e289ec6296990a603197c559c5a212
調子に乗って、白米も炊くようになりました。
見た目が可愛いですし、
扱いやすい大きさですし、
何といっても「美味しい」んです。
さっぱりと炊けて、いつもの土鍋とはまた違った魅力。

もっと気に入ったのは、玄米。
かなり吹きこぼれはあるので注意が必要ですが、
その分、もっちりしているのにさっぱりした食感に。
ぬかの匂いも一緒に抜けるので、
とても食べやすく炊き上がりますよ。
Img_79672b83641a71e04a8fd4aab92bb01b
Img_1ff0c56d54295739c2b4122a2e41602a
素焼の蓋も、美味しく炊ける秘訣なのでしょうね。
火を止めてから10~15分ほど蒸らしますが、
蓋を開けるとき、蓋が釜にくっついている(密着している)ので、要注意です。

私は、朝に炊いたご飯をそのまま釜に置いておいて夜もいただきます。
土鍋同様、ほどよく水分をキープしてくれます。
炊き立てのご飯はもちろん美味しいですが、
冷ご飯も、味わいがありますよね。


おもてなしする時に遊び心で使おうか…
なんて思っていましたが、
すっかりふだん使いになっている、今日この頃です。

これが、ことしの台所のNew Face。


皆さま、ことしもありがとうございました。
よい年末年始をお過ごしくださいませ。


<おぎのやの峠の釜めしの釜でご飯炊き>

・お米は一合まで
・吹きこぼれる時は少し蓋をずらして(または開けて)蒸気を逃がす
・蒸らした後は蓋が開けにくいので注意
・炊いた後は半日はそのまま置いておいてOK

※玄米は、9時間ほど吸水させて水を切り、一合の場合250mlの水で炊いています