暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP 

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



先日、
三菱一号館美術館で開催されている
ルドン―秘密の花園』を観に行きました。
Img_6a3b3004d557bf66fecc2556a1ca1e0d
オディロン・ルドンと云うと、
色彩豊かな花の絵と、
ぞわっとするようなモチーフや黒の絵との、
極端な差が、昔から心に引っかかっている画家。
どちらもどこか不思議で、とても惹かれるのです。


今回も(例によって)
『ぶらぶら美術・博物館』や
『日曜美術館』で予習をしてから行きました。
実際に観るとますます、
絵を思い出して、心にじわじわと迫って来る…
ルドンとは、一度でいいから、じっくり話をしてみたい。
鑑賞というのは、観る者にゆだねられているのだろうけれど、
どうしてこの構図になったのかとか、
預言者の絵の胸の中についてとか、
とても興味深い話が聞けそうで。


Cafe1894では、
『グラン・ブーケ』↑(写真はお城で飾られていた場所を再現したフォトスポットです)にちなんだケーキを。
爽やかで、とても美味しかった。
(向かいは、開館8周年にちなんだ「8」みつカフェオレを飲みながら図録を読む父)
Img_56592d7a4b2fdbe79e595a4aeff86df7
Img_c407414e09dbfab62da1f68dffca1217
歴史のある建物を観るのは大好きです。
そこで時を過ごす贅沢…


Store1894で見つけたお土産は、布の缶バッジ。
Img_3732d23f71836bb4f845f79971485b38
ルドンが装飾品のデザインもしていたことを初めて知りました。
ほほうー。

このバッジは、ルドンの絵の一部を模したものですが、
その絵をもとに織られたゴブラン織は、肘掛け椅子に使われていました。

夏、Tシャツなどに付けたいな。
Img_c07766ed499890410e6ad7863693d459
Img_05e421d2e5e8be4fbaec99cc1c5dfed2
館内からの景色・・・丸の内っぽいわ(笑)。


**


ルドンの絵を初めて観たのは、
1989年、東京国立近代美術館『オディロン・ルドン展』でした。
全てにおいて私の三歩くらい先を歩いていた友人とふたりで。
(一部の)絵を観て気味悪がっていた私とは対照的に、
彼女はすごくおもしろそうに観ていたっけ。

それが確か、中学校の卒業式の日だったのですよね。
午前中に式を終えて(中高一貫だったので涙はちょっぴり)、
彼女に連れられ、お昼に銀座の竹葉亭で(私は人生初の)鯛茶漬けをいただいてうっとりし、
午後に美術館に行ったような。
ルドンの絵と共に、心に残る一日になりました。


その友人とは、高校卒業後は年賀状のやり取りだけになってしまいましたが、
彼女は美大に行って、卒業後は確かジュエリーデザイナーになって。
お子さんたちはもう、私たちが『オディロン・ルドン展』に行った頃の歳かしら。
時の流れを感じます・・・
今でももちろん、彼女は私の三歩先を歩いているに違いない。