暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP 

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



梅山窯さんの八角小鉢が入荷しました。


砥部焼・梅山窯:八角小鉢

きれいな八角のかたち+ぽってり加減
=砥部焼らしい愛らしさ の、梅山窯さんの八角小鉢。
小さな器がくれる、日々の幸せ。









⇒暮らしの器USAGIYAのONLINE SHOP


砥部焼・梅山窯さんのそば猪口カップが入荷しました。


砥部焼・梅山窯:そば猪口カップ/七寸丸皿

実家では使っていた、蕎麦せいろ。
ほしいなと思いつつも、我が家では、ざる+砥部焼の平皿です。
茹であがった麺をざるに取り、冷水でしめて、
水気を切ったら、そのままお皿の上へ。
これから、冷たい麺が美味しい季節ですね。


砥部焼・梅山窯:そば猪口カップ







昨日のミニトマトの様子。

ミニトマト

3年前に「野菜について知りたい」と思い、
市民農園を初めて借りて、
今年で4年目になりました。
ミニトマトを育てるのも、4回目です。

わき芽を摘んだ時にひろがる、
あのちょっとスパイシーな香りが、たまらなく好き。
ことしも、この季節ですね。

梅シロップ

いつもの梅シロップを漬けました。
母から受け継いだレシピで、お酢も入れます。

昨年漬けた梅の実は、ことしはジャムにしてみました。

梅ジャム

忘れないように、ことしのレシピをここに。
甘酸っぱくて、本当に美味しい。

(もう少し甘くしてもよかったかも)


<ことしの梅ジャム>

シロップ漬けの梅(種を除く)・・・550g
梅シロップ(残り)・・・100cc
砂糖・・・110g(梅の20%)


1.種を取り除く。種についている果肉も丁寧にこそぎ落す。
2.重さを量り、味をみて、砂糖の分量を決める。
3.果肉を粗みじんに切る。お尻の固いところは取り除く。
4.鍋に果肉を入れ、水をひたひたになるまで入れ、なじませる。
5.中火にかけ、沸騰したら少しずつ砂糖を加える。
6.灰汁を取り除く。
7.梅シロップを加え、弱火で15~20分煮る。
今日も、梅雨らしい空模様。

昨年の11月に種を蒔いた、ごぼうを収穫しました。

冬の間はあんなに小さく、一生懸命に霜と闘っていた芽が・・・
傘になりそうなほど大きくなりました。

ごぼうの葉

葉っぱを切り、大きなスコップを使って・・・
力を振り絞って(笑)掘り出しました。

ごぼうの収穫

収穫の時に、切れてしまったものもありましたが、
なんとか(←本当にそんな感じ)掘り出せました。
長いもので60cmくらい。
よく伸びたね、とごぼうをほめてあげたい。

泥だらけで掘り出す中、たちのぼるごぼうの香りに、励まされました。


<今度ごぼうを育てるときのために>
・早めの収穫を心がけよう。
・ごぼうに沿って、左右に動かしながら少しずつスコップを入れる。
砥部焼・梅山窯さんのティーポットが入荷しました。

砥部焼・梅山窯:ティーポット/角湯呑み

十草のブルーが爽やかなポット。
緑茶や紅茶、コーヒーはもちろん、
蕎麦つゆや蕎麦湯を入れても。
染み込みがないので、多用に使えます。

玉縁の口当たりが優しい、シンプルなお湯呑みもどうぞ。






⇒暮らしの器USAGIYAのONLINE SHOP



先日、
ごぼうを抜くのにウンウンうなっていたとき、
近くの区画のおじ様が
「おくらの苗が余っちゃったんだけど、いる~?」と。
はい、喜んで!
たくさんいただいてしまいました。

早速、植え付けました。

オクラの苗

まだ可愛らしい大きさの苗です。

昨年、山梨へ行ったときに苗を二株買い、初めて育てました。
オクラは、一つの株からどんどん収穫できる感じではなかったので、
育てるなら、ある程度の株数がないと楽しめない・・・というのが、感じたことでした。

まだ梅雨空が続きそうなので、
昨日、慌ててトンネルをかけに行きました。

オクラの苗

ひとまず完了。

またあの美しい花を見るのが、楽しみ。
無事に大きく育ちますように・・・
ことしは初めて「種」から育てている、
とうもろこしと枝豆。

5月中旬にポットに種を蒔き、
一週間ほどで芽が出そろいました。

枝豆ととうもろこしのポット苗

その後、今月上旬に畑へ植え付けました。

現在は畑で、すくすく成長中です。

一本立てにしたとうもろこし。
「キャンベラ」という品種です。

とうもろこし(種まきから一か月)

枝豆は、早生の茶豆です。

枝豆(種まきから一か月)

小さなお客さんがいました。

砥部焼・梅山窯さんのスープカップが入荷しました。

砥部焼:梅山窯:スープカップ

ふくらみのあるかたちは、見た目の愛らしさだけでなく、
すくいやすいかたちでもあります。
手ごろな大きさで、使いやすい。
ふだんの暮らしに活躍すること間違いなし。
プレゼントにもおすすめです。










⇒暮らしの器USAGIYAのONLINE SHOP



今、とってもとっても、はまっているもの。
それは・・・
豆乳ヨーグルト♪

豆乳ヨーグルト

豆乳と玄米で作るヨーグルトです。

3月頃にざっくりとした作り方を聞き、
食べたことはないまま、暖かくなってきた4月の中旬、初めて作ってみました。
最初は玄米の力で、ぶくぶくと発酵。
恐る恐る、口に含んでみると・・・
言い知れぬ、旨みを感じました。

2回目からは、継ぎ足しで。
最初の頃はまるで人体実験のようにドキドキしましたが(笑)
作れば作るほどに・・・味は深まり、どんどん美味しくなっていきました。

豆乳ヨーグルト

今では、身体によいとか、そういうことは置いておいて、
とにかく美味しいから食べています。
間食がしたくなったら、豆乳ヨーグルト。
ジャムやマーマレード、何でも合いますが、
お気に入りはグラノーラ。

我が家には保温する機械などはないので、今の時季は固まるまで常温に置いておきます。
固まったら、冷蔵庫へ。
毎回、毎日、少しずつ味が変わりますが、それがまた楽しい。
まだまだ、研究の余地がありそう。

豆乳ヨーグルト作り、ぜひ、試していただきたいです!