暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP 

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



昨日お盆も過ぎ(東京なので)、
曇り空の静かな連休です。

今日も比較的過ごしやすく、蝉の鳴き声も、ニイニイゼミが遠くに少し聴こえるくらい。

と云っても、どうしてもぼんやりしてしまう、夏の午後。
久しぶりに抹茶を点てました。
Img_1250cf79c0e12140ce97d945c0bd4219
さすが、抹茶は気持ちがすっきりしますね。
お菓子は、昨日姉からもらった鶴屋吉信の上生菓子。
銘は「紅花」。
中が粒あんで、最初は意外に感じましたが、
花をかたどった姿と粒あんの素朴さが、やはりぴったりでした。

ガラス皿は、10年前の今頃、京都を旅した折に、
町中の古道具屋さんの店先で見つけたものだったかな・・・
懐かしいです。
連休は、いかがお過ごしでしたか。


少し時間ができたら、やってみようと思っていることはたくさんある。
でも、思っているだけで終わることが多々。
この連休で、やっと一つできたのが、
市販の天然酵母で作る食パンを味わうこと。
(作ってくれるのは我が家のホームベーカリー。)
Img_6483af9a27f675cb95533b773cb08d72
仕込みが終了した生種。
プチ、プチ、と気泡がかすかな音を立てている。
そのたび広がる、酒粕のような素敵な香り・・・
Img_fc140749d2e5c851fe51c112cfced27a
ホームベーカリーでは、国産小麦でもしっかりふくらみ、気軽に使えるのでいいですね。
現在は「春よ恋」を使っています。
今回は油分を全く使わなかったので、キメは粗い感じでしたが、
素晴らしく、美味しかった(笑)。
素直な味といいましょうか。
ずっと食べていたくなってしまうような。

そういえば昔々、
パンを作るために、ハーブで酵母を起こしたことがありました。
(ブログ記事をを探してみたら、4年も前でした)
懐かしいあの小さなパン、また作ろうかな・・・

このたび、ブログをJUGEMからこちらのホームページに出戻ることになりました。
URLが変わりますので、お気に入りに登録してくださっていた皆さま、
お手数ですが、変更をお願い申し上げます。
※kurashinoutsuwa.com/の後は、lime/(果物のライム)です

ブログでは「入荷のお知らせ」と「日々のつれづれ」を綴ります。
ご覧いただければ幸いです。

Img_1cbc053fa4d00b05f04d320beae97b1a
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

USAGIYA
砥部焼・森陶房 kaoriさんの器が入荷しました。
Img_438ce6ff294c00d7c36a19d46fcd8c60
〈小さな森〉という名の器。
左から、丸湯呑み・楕円小皿・銘々皿です。

森陶房さんの定番のかたちに、kaoriさんが絵付けされたもの。
大らかでいて、丁寧で。
kaoriさんらしい器です。

ぽってりと厚みがあり、安定感のある重さ。
砥部焼らしく、根っこは太いのです。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。


すぐご注文になりたい方はこちら↓







近頃、粒あんを作る(作った粒あんを食べる?)という楽しみが増えました。
Img_1f56b5fe8ec88aae23b27d6fda53a898
甘みの具合も、食べる量も、味わい方も、自由♡


これまで、小豆を炊いたことはありませんでした。
きっかけは、小豆をボトルに入れ、熱湯に漬けおくことで柔らかくし、
食材として食べる方法を知ったこと。
その少し硬めの食感もよいです。
あんこにするときは、そこから炊いて、砂糖を加えます。


お手軽な作り方ですし、“大納言”ではなくてふつうの小豆。
素朴ですが、それもまた、ふだんの味わい。

出来立てもよいですが、一日経つと味がなじんでいっそう美味しいです。


忘れそうにないほど簡単ですが、念のためメモ↓


<お手軽粒あん>

小豆 50g
きび砂糖 50g

1.小豆をステンレスボトル(水筒)に入れ、熱湯を注いで蓋をしめ、10~12時間置いておく。
2.ふやかした小豆を流水でさっと洗い、鍋に入れる。
3.かぶるくらいの水を入れて火にかける。あくを取りながら20分ほど炊く。
4.小豆が指でつぶれる硬さになったら、ペーパーを敷いたざるでこし、しっかり水気を切る。
5.鍋に小豆をもどし、きび砂糖を加えて中火にかけて、好みの固さになるまで練る。
夏の入り口で足踏みしているような東京のお天気。
梅雨明け近くにびゅんびゅんと吹く風も、まだ。

先週末も過ごしやすい気温だったので、
思い立って、ブルーベリー農園に出かけました。
Img_d145a580e3fdfaa0c78aec7e9e65bfb8
夏の恒例行事ですが、
梅雨明け前に行くことは、なかなかないかも。

ことしも実は鈴なりで、美味しく色づいていました。
Img_a0500c7e81d1a40f7d4f6eeef86150eb
Img_728d9c9027ab6afb57100ec90216295c
お菓子のように甘さがたつ実
りんごのような香りのする実
野菜のように爽やかな味の実
ハーブのようにすっきりとした味の実
etc...

樹ごとにいろいろな味わいがあり、毎年心の中で同じ例えをしてしまう(笑)

Img_e4b1a6b091b5df4c7f180979c5045d15
園内は、立派な大きさの樹も、まだ小さな樹もあります。

Img_490512ece797f33f5169f5d30c68d0dd
ことしもたくさん摘みました。


曇り空で、時々北風が通り抜ける。
涼しいブルーベリー狩りでした。

ブルーベリーのシーズンはまだ続きます。
次回は夏らしい日になるかな。

Img_4fe753629fe450d242fea46134ef0b13
こちらは〈青い鳥〉の楕円小皿と銘々皿・小。
ぽってりとした器に浮かぶ、
物語を感じるような一つひとつのモチーフが素敵。
でももっと印象的なのは、背景の色かもしれません。
奥行きを感じさせ、モチーフをひき立たせる。
丁寧で熟練した手仕事。



詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。



すぐご注文になりたい方はこちら↓



ぴかぴかで新鮮な地元の夏野菜、いっぱい。
Img_850f2ac0c6a2ea66c83d97455b7edde1
今週末は友人と、ブルーベリー狩りへ。
帰りがけにその近くの農家さんの販売所によりました。
地元とはいえ、ふだんはなかなか行ける場所ではないので、
ついつい、買いすぎちゃいます。


この春まで4年間、市民農園で野菜を作っていたので、
特に茄子を買うのはこの夏5年ぶりではなかろうか。
(1年前の収穫はこんな風でした)
野菜作りは、手間がたくさんかかるけれど、
畑で作業していると、時間が経つのを忘れてしまうほど夢中になったものでした。
何事も、そういうものかしら。
またいつか取り組みたいです。


ブルーベリー狩りの後は、
井の頭公園内にある、お気に入りのカフェでモーニング。

もちもちクレープと、
Img_b2123d0268c33517c2bca7acaf67f28f
食後についオーダーしてしまった
アッサムティーのふわふわかき氷。
Img_07169a060d6abd6fb9a4372fb6722061
アッサムティーの香りが豊かで、
別添のレモンミルクを加えると、まるで別のスイーツに。
もうこれ、美味しい!!


暑かったですが、ブルーベリーはいっそう甘くなっていました。
Img_eee3f2f754390596b8e2abfb8c2b1789
まだしばらく、楽しめそうですよー。