暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP 

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



あっという間に、8月に突入。
暑中お見舞い申し上げます。

最近の我が家のNew Faceは、大館曲げわっぱのお弁当箱。
秋田杉の何とも云えない、いい香り。
軽さ、滑らかさ、一すじひとすじの年輪の美しさ。
ずっと憧れていました。
おかずやご飯もきれいに詰めやすく、美味しくいただけて、
使う喜びをしみじみ感じます。

以前、素敵な方から教わった、
「手ぬぐいで作る巾着袋」を作ってみることに。
Img_92a983d5f2a9fa6d5b839384a9e779ad
手ぬぐいは、布端の始末が上下だけなので、
上下の縫い代を内側に折り込んでしまえば、あとは紐を通すところを縫うだけ。
ミシンは使わずに、手縫いがよさそう。

暑さを忘れて、しばし運針・・・
(上手ではありませんが)
Img_f8f7bf388e640aae9ec1363e4286df63
yurikoさん、できましたよー。
なかなかお会いできなくなってしまいましたが、
お見せして、あれこれだめ出ししてほしかったな。
Img_e52d21acad7b5ad800d0e88b334663f0
使った手ぬぐいは、この時民藝館で購入した、大好きな芹沢銈介の型染です。

お気に入りのお弁当箱+巾着袋で、
夏も乗り切ろう。
Img_516893e46a088d90a94d295ac077eb1a
丸湯呑みは、森陶房さんの定番の器。
優しい丸みやkaoriさんの〈小さな森〉の絵付けに
ほっこりとする、お茶の時間。
朝はヨーグルトやフルーツを入れたり、
夜は副菜を入れる小鉢にしたり、
一日中使ってしまいます。
リム皿と合わせても楽しい。



詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。



すぐご注文になりたい方はこちら↓



Img_fa22f14d5e548b1b89bc94515c59ed97
週末は、先週摘み取ってきたブルーベリーをたっぷり入れて、マフィンを焼きました。
果汁のしみたところが、しっとり美味しい。
たくさん作ったので、配らなくては♪


さて、週末も例のかき氷を食べに行き、
自転車で帰宅する途中、お庭で野菜を売っているお家を見つけました。
「農産物直売所 よってけし」と書かれた木製の素敵な看板がかけてありました。

野菜を選んでいると、お家の方が出てきてくださいました。
ご両親が移住された山梨県韮崎市で耕作放棄地を借り、毎週通って野菜を作られているとのこと。
たいへんだと思いますが、なんとも羨ましいです!
しばし、野菜作りの話を楽しくお聞きしました。
にんにくの栽培方法も教わりました(笑)

たくさんの種類の美味しそうな夏野菜がありましたが、
冷蔵庫にある在庫との兼ね合いもあり^^;選んだものはこちら。
本当に美味しそう。
小さなすいかは、叩くとぽぉぉんと響きます。

Img_de573a33b46431084df6a6425e26d956
「よってけし」は、山梨県の方言なのですね。
声で聴いてみたいです。


週末はこれを食べて元気をもらいました。
Img_5faa07cb687054838b29da4edbb18384
鰻~~
美味しかったなぁ。
父に感謝。
ことしから、8月11日は「山の日」という祝日なのですね。

先住猫の咲さん。
拾った時、お医者さんから「生後一か月くらいですね」と云われて、
8月11日をお誕生日と決めました。
元気だったら…満10歳の、今日。
Img_af323d003a7840e26b98021bd970f2da
なつかし写真。

コロコロしていて可愛かったな、咲さん。



→お顔のアップ写真を追加。
(お昼寝を邪魔されてちょっと不機嫌な咲さん)

Img_665f6279a4d131cdc262f2dfd80e5f88
お盆はいかがおすごしですか。

夏の間に、白玉を入れた冷やしぜんざいを楽しもうと、
近所へ白玉粉を買いに行きました。
いつもの「玉三白玉粉」を手に取ったのですが、
横に「上新粉」や「だんご粉」が置いてありました。
白玉粉しか使ったことがなかったので、何が違うのだろう?と裏を見てみると、
白玉粉はもち米のみ、
上新粉はうるち米のみ、
だんご粉はもち米とうるち米をブレンドしたものなのですね。
(知らなかった)

食感と味を試したくなり「だんご粉」を買って帰りました。

冷たくして“白玉風”を試みる…
Img_10ce8ff1e73baec0fc048a771d113e7a
氷を割ってしいて、
黒蜜ときな粉で。

白玉粉との違いがよくわかる。
しっかりとした歯ごたえ。
やっぱりだんご粉はお団子だ!(笑)

ということで、
Img_fb3741b022c49fbca4aead260c39b934
焼き団子を作りました。
季節感がなくてすみません。

みたらしとおしょうゆ。
大好きだった「とらやかねこ」さんのお団子を思い出しながら。

10年以上前になくなってしまいましたが、
吉祥寺に「とらやかねこ」という和菓子屋さんがありました。
お店のおばあちゃんが、店先でお団子を焼いていました。
お団子をいただけるスペースがお店の奥にあり、
母とよくひと息ついたことを、懐かしく思い出します。
私の定番は、おしょうゆときびだんご。
海苔つきはおしょうゆに+10円。
海苔を、ぱっとお団子につける様を見るのも楽しみでした。
小腹が空いた時、お団子はうってつけのファストフードですよね。

ちょっと切ない気持ちになった、夏の午後でした。

手作りお団子は定番のおやつに加えよう。
もっと美味しいのを作りたい。
(購入した竹串も80本入りだったし…)
お休みの日に、
ずっと気になっていた台所の引き出しを片付け。
(ン年振りに…)

調味料やだしの引き出しには、
いつの間にか忘れてしまっていたものがたくさんあり(汗)
古いものを処分して、詰め直し。

お見せするほどきれいではないのですが…
Img_caa80ad699766e1b1b5bb3a11f9bbaab
手前の透明容器が便利で、いくつも使っています。

とある100円ショップで売られているもの。
“push open”のところを押して開けるのですが、
開けたり閉じたりするときの「ぱこん」という音が気持ちよいのです。
見た目もシンプルで気に入っています。

使い始めたころ、この時購入した石村さんのMookに、この容器が載っていて、
さらに使い方の幅が広がりました。

車麩もぴったりのサイズ♪
Img_d138465c322c7e2f39374d51d7b1193e
高さの違う、500・700・900の3つのサイズがあり、
大きいものには昆布やグラノーラ+スプーンなど、
小さいものには乾物や豆類などを入れています。
Img_36e420f92326a48739ec91ec2b770d17
容器が増えすぎないよう、気を付けよう…


そういえば、引き出しのほかにも気になっていたのが、お手洗い。

この1年、ジェレミーさんの猫砂トイレも置いているため、
ドアを開けっ放しなのです…
気持ちだけでも目隠しをと思い、
市販ののれんをサイズダウンしてみました。
Img_e1ad2a789c2e9282013e7aa09c01a98d
掛けて1分でジェレミーさんに落とされましたが(涙)
それ以後は触る様子はなし。
まだ三日目ですが、ひとまずホッ(´▽`)

大気の状態が不安定で、
雨がザーザー降ったと思うと、晴れたり、雷がなったり。
外を眺めていたら、
Img_e1949282b2b8618321475e1216c37f1a
あらそんなところに。
Img_ce45c88d6ffe11e853bf788cf508c1e7
相変わらず、いたずら盛り…
(という感じでしょう?笑)
朝晩は、次第に蝉の声が遠くなり、
秋の虫の声が聴こえるようになりました。

先日友人と、涼を求めて、日帰りで安曇野へ。
穂高神社にお参りしたあと、
自転車を走らせました。
Img_7a00cba9fb1b8dc44f088a0f20b80550
なんと清々しい眺め。

広大なわさび田を見学して、
ボートに乗り、しばし川の上で一休みしました。
Img_1c2f2cb191c0a11775dd0c8f387b9ea0
Img_7a2eea64520f6106474ba7ab4c49817a
Img_a4447d3f70801232de313a3261546831
ずっとつけていられないほどの冷たさでした。

その後は、
本陣等々力(とどりき)家を訪ねて、
立派な建物やお庭の樹々を拝見。
Img_1f26c976b62c430a9215f35bea268f50
Img_60a39e836aa5aa0abe5ce767c741fbdf
Img_54c44f2d44f7ace20602f6dde87dc4e5
東光寺さんで、下駄も履きましたよ。
願い事が叶いますように。


旅のクライマックスは、碌山美術館。
なんだか幻想的。
中学3年生の学校の旅行以来で訪ねました。

いろいろなことを深く味わえるようになることは、歳を重ねることのご褒美ですね。
Img_ba7145020fc7a8121f56d12412b5cfc9
Img_cefa7d913d372e4279dd696158e2d3a7
旅のしめくくりは、夕暮れを眺めながら、TRACK COFFEEさんにて。
コーヒーと「ブラボー」という名のスイーツを注文。
一日自転車を漕いだ体に、沁みわたりました。
また、お邪魔したい!


美味しいお蕎麦やコーヒー、
町のあちこちに流れている水路、
こうべを垂れる稲穂。
安曇野の、豊かで清らかな水の恵みを感じる一日となりました。

涼を求めて…のはずでしたが、夏らしい暑さの一日で、日焼けして帰ってきました(笑)。
しばらく思い出に癒されそうです。