暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP

BLOG 
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



五寸五分角布目皿〈十草〉が再入荷しました。

昔のブログから、
ちょっと懐かしい写真を引っ張り出しました。
(ポンヌフさんのビスケットとメープルクリームも懐かしい…)
Img_e4ef4b91636d65dc98f7a895cda0f3ad
我が家の五寸五分角布目皿は、もう20年くらい前のものでしょうか。
長らくお世話になっていますが、不思議と色あせない…
見た目が変わらない、ということではなくて
自分の中での器の存在がいつも新鮮で、
今という時間を、常に共有している感じがあるのです。
それも砥部焼の魅力。


器の表面には布目(布を押しあてた凹凸)があり、
立ち上がった縁を彩るのは、一筆一筆に息遣いを感じる〈十草〉。
飾り気はないけれど味わい深くて、いかにも和食器なのですけれど、
パンをのせても似合います。
Img_cd57c86b1819616fce99f936a04cfd43
最近は、フレンチトーストをのせることが多いです。

入荷した、現在の五寸五分角布目皿は、
〈十草〉が我が家のものよりやや太めで、穏やかな感じ。
時が経つと描き手も変わり、雰囲気も少しずつ変わっていく。
それを感じることもおもしろいです。

いろいろな使い方を楽しんでください。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。






四寸角銘々皿〈赤太陽〉が再入荷しました。
Img_23001938a54dc92c9f80b7a91492c05b
上絵は、透明釉を施して焼成した上に描かれるので、
絵画のように筆遣いを直に感じ取れます。

鮮やかな赤色に元気をもらえそう。
これからの寒い季節、赤色で食卓を明るく。
手元に置くのに手頃な四寸皿です。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。






〈呉須太陽〉もあります → (Click!) 






さつまいもが一本。
お芋ご飯にするつもりで寝かせておいたけれど、
どうしても焼き芋が食べたい午後。
でも土鍋で一本だけ焼くのはなぁ。

ふと、りんごもあと一個あるのを思い出し、
一緒に焼いてみることに…
Img_59fdb0c7b359134b5dc7f768df114b51
時々様子を見ながら、1時間ちょっと。
どちらも焼き上がった様子。

焼きりんごは熱々の内にいただいて、
焼き芋は火を止めた鍋の中でもう少し。
Img_f4f025e4ab5ae9a82bbf7139e5bb974e
Img_59cce17bc3b5f0cce0c8ab6c452ae58d
りんごは「じゅわ~っ」と。
さつまいもは「ほくほく時々ねっとり」と。
とりあえず満足。

寒気も吹き飛んでいくようでした。

先日、木枯らし一号も吹いて、
鍋料理が美味しい季節になりましたね。

温かい料理はもちろんですが、
笑うことでも体が温まるんだなーと、しみじみ思う今日この頃です。



<土鍋で焼き芋&焼きりんご>

1.さつまいもは、洗ってアルミホイルで包む。
2.りんごは、洗って芯をくりぬいたところにバター・きび砂糖・シナモンをそれぞれ適量入れてアルミホイルで包む。
3.土鍋に入れて弱火にかけ、焦げに気を付けながら1時間ほどゆっくり焼く。

五寸布目角皿の〈三ツ葉〉と〈呉須赤線〉が再入荷しました。

五寸角、四寸角に続いての角皿。
こちらはその中間の大きさで、長方形です。
Img_e809c96d3ff1a34662204a0c77ea09df
布目の素地に、呉須の藍色と上絵の赤色が美しく映えて、
背筋が伸びそうな、凛とした表情の角皿。
でもどこかほっこりする感じがあるのが、砥部焼。
やさしい筆遣いだからでしょうか。
Img_85af867fda9b13277b9d74dd5068c882
〈呉須赤線〉と〈三ツ葉〉。
筆遣いで表現される、様々な絵付け。
それぞれに個性があって、
それぞれが惹き立て合う。
何気ないけれど、素敵なこと。



秋も深まり、
都内では、少し早めの千両と、たけなわのつわぶきが一緒に。
Img_27945243d0375958c45b246155f531e8
近づく師走。
早いですね・・・



詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。









昨日の雪にはびっくり!!しましたが…

まだ晩秋なのですよね。
もう少し秋を愉しみたいものです。

先日、一年振りに日本民藝館に行きました。
Img_ce7d2b840d61e0947b6b3bd2221b5e40
今回の展示は『柳宗悦・蒐集の軌跡-日本の工芸を中心に-』でした。

柳宗悦が蒐集した品々を時系列で見られるという試み。
本当に素晴らしかったです。
Img_fa64cfa100341fe593cc62029ec2e164
実は一年前に購入したこの本を、
読んでは立ち止まり、また読み返し…という具合で、
読み終わるのに一年近くかかりました。
力強い文章がずっと続いて、息もつけないくらい、冷静かつ熱い本。
これからも末永く愛読します!
生意気かもしれませんが、
民藝館に並んでいる品々に、もっと、より深く、愛を感じるようになりました。

柳の、強くしなやかな信念に、これからもついて行きたい。

今回購入したのは『工藝文化』
またゆっくり読みます。
Img_f819900b8427c3fa26dc0442cdb379dd
そして民藝館のショップ定番のブックカバー。
手元にある柳の文庫本が何冊にもなり、このカバーで揃えようとひとまず3種購入。
どの本をどの織りにしよう。


民藝館を訪れた日の銀杏並木。
Img_50d23ad5aecf0babeb3aecff5d7cf531
黄色いじゅうたんですね♪

もうしばらく・・・
晩秋を堪能しましょう。