暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP

BLOG 
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



4日ぶりに市民農園へ。
今朝の収穫物。
Img_209035bab082c6a62bb2e5c10a31adaa
今日は、数えてみました^^;

きゅうり(かなり大きめ)・・・3本
茄子・・・2本
ピーマン・・・6個
伏見甘長唐辛子・・・11本
しし唐・・・33本
ミニトマト・・・42個
リーフレタス・・・3株
サラダ菜・・・1株
枝豆
モロヘイヤ

まだまだ続きそうな、しし唐まつり!(笑)
一株から…もう200本近く収穫したのでは…


夏野菜は引き続き、収穫の真っ只中です。
ただ、ここのところの雨降りなどで、
収穫が遅れてしまうこともしばしば…。

雨粒に当たったせいか、遅れてしまったせいか、
実が割れてしまったミニトマトも多数。
Img_d40d702bd079380e34ddc06d65d43bc9
割れてしまった実は、
いつもは畑で「ポイっと」してしまうことが多いですが(ごめんなさい)、
今回はトマトソースに。
Img_c548bf8230869bf509bb8d67f22ca3ce
今シーズンお初のトマトソース。
玉ねぎをじっくり炒めたからでもありますが、
ミニトマトが完熟なので、それはそれは甘いソースになりました。

茄子は「貧乏人のキャビア」に。
Img_25ba9b541577440564b2f1cc9c2bad1b
こちらも、バゲットにのせて、いただきます。

収穫が進んでくると、
だんだん、保存できる調理法にシフト。
できるだけ長く楽しみたいものです。
先日、真夏の恒例行事に出かけました。
Img_1f451eb25a271158a04930688db44a62
はい、地元のブルーベリー農園へ。
Img_03edd6837f1b7eeac187a00ba72934c6
Img_f85df9c3a6a018184847f759268da689
たくさんの種類のブルーベリーを、
摘んで、食べました。
甘くて、本当に美味しかった。

ことしもいい汗、かきました。

摘み終わったあとは、農園で用意してくださっている麦茶で、一休み。
Img_62da22d2124e53034d95d054c58a8f90
このポシェットは、毎年ブルーベリー狩りの時に使っています。
両手が使えて便利!笑
友人の・・・もっと詳しく云うと
最初のUSAGIYAで仲良くなったお客さまの、お手製。
誕生日プレゼントにいただきました。
もう8年くらい前かしら。

今は遠く離れていますが、
こうして想うことができることが、幸せ。


こちらも、きれいな赤紫。
ブルーベリーではなくて・・・
Img_6efe40e4a1d4425b70035bc09382939e
ブルーベリー狩りに一緒にいった友人からいただいた、
お手製の紫蘇ジュース。
きりっとした爽やかさで、暑い季節にぴったりですね~~
ごちそうさまです。

毎年「梅仕事」をしているその友人は、
赤紫蘇を3kgも仕入れたそう!!
すごいなぁ。


紫といえば、
市民農園では、茄子のシーズン到来。
もう少ししたら、切り戻しかな?
Img_f0b458184b23cb34ac64aa6c2a1dadef
皆さま、
つばたしゅういちさん、英子さんご夫妻をご存じでしょうか。
映画『人生フルーツ』は、ご覧になられましたか。
Img_a43c058730ffe73f21c0d8f4eb934371
この4月、
本屋さんに並んでいたご夫妻の本と、偶然出会いました。
ちょうど市民農園を再開した頃で、
帯にあった「菜園生活」という言葉に、反応したのですね。

ぱらりと本をめくり、
「これは・・・きっと自分に必要な本だ」と感じて、身体がぞわぞわ?しました。
まず『ときをためる暮らし』『ふたりからひとり』を読み、
映画『人生フルーツ』が上映されていることを知りました。
そして、5月と6月に映画を観ました。
本を読んでいたので、大まかなことはわかっていたけれど、
やっぱり、涙が出てしまう映画。
もう一度観たいな。

その後『あしたも、こはるびより。』と『ひでこさんのたからもの。』も読みました。
4冊を何度も読み返しています。
この秋、新しく本が出版されるということで、とても楽しみ。

菜園のことはもちろんですが、
優しさや思いやりを、自由に、穏やかに、時に厳しく持ち続ける、
ご夫妻の姿はまさに道標だと感じています。


**


ご夫妻は砥部焼の器もお使いになられていて・・・
テーブルで、台所で、器がしっくりと暮らしになじんでいました。
松本民芸家具とももちろん似合う。
きっとご夫妻の生き方と「民藝」は、
深いところで静かに結びついている。


今回、ご夫妻のことを想いながら、
ONLINE SHOPに取り寄せる器を選びました。
実際に使われていた器や、
お家に似合いそうな器、
気に入ってくださるのではと思う器。
勝手な妄想もありますが・・・
Img_43298ae096400e332934510614745f9e
素敵なつばたさんご夫妻と、
大好きな砥部焼への、
私なりの、オマージュです。

ぜひ皆さまの「ふだんの器」にも、加えていただきたいなと思います。

私も、これからも砥部焼の器を大切に使っていこう。


ONLINE SHOPはこちらから。 ⇒暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOP
映画については、こちらのサイトをご覧ください。 ⇒『人生フルーツ』
雨降り続きの東京です。
昨日は、びっくりするくらいの雨と雷でした・・・


今朝は、10日ぶり(*_*)に市民農園へ。
Img_66f47b5470065cb673a923a7b2e80e5e
わぉ~
という大きさ、太さになっていた茄子が・・・
ごめんねぇ。ちゃんといただきます。

しし唐と伏見甘長唐辛子は、まだ勢いが止まらず。
日にちが空いたこともありますが、
どちらも30本以上の収穫でした。
ピーマンも10個くらい。

モロヘイヤもとっても元気。
Img_db3cdac06bc9218c4dae211785345c83
収穫したらなるべく早く葉を摘んで、
さっと茹でて、
ねばねばがしっかりでるまで細かくたたき、小分けにして冷凍します。
これは以前、母から教わった方法。

今日は、バジルの葉も初めて冷凍してみました。
しし唐などは、冷凍保存できるかしら?
これまで、たくさん収穫したものはほとんどおすそ分けしていましたが…
冷凍など、保存する方法をいろいろ試してみよう。
野菜を冷凍する習慣は、今まであまりなかったのです。


茄子やピーマン類は秋も続きますが、
ミニトマトやきゅうりなどはそろそろ終了。
少しずつ片付けて、秋の準備に入っています。

砥部焼・梅山窯さんの蓋付鉢〈唐草〉が入荷しました。
Img_baf1da0354f7445dd491352c0bfb6b8b
蓋を開けるというのは、なんだかわくわくする。
丁寧にこしらえたジャム、コンポート、マリネ、梅干し、煮豆、etc...
少しずつ食べたいものを詰めておく。
次に蓋を開けるのを楽しみに、
またそっと、蓋をする。

便利で実用的な蓋付の鉢。
ふくよかで、存在感のある大きさです。
丸い取っ手も愛らしくて、摘まみやすい。
Img_a97d38c8f52de3492d460e07955f25e0
テーブルに温かみや情緒を感じさせてくれる、
懐かしくて新しい器です。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。



すぐにご注文ページに進む方は、こちらからどうぞ↓


今週から、夏の暑さが戻りましたね…
暑い暑い。
でもことしはまだかき氷を食べていなかったから、
これからがチャンスだ!笑


さて。
市民農園は、秋冬のシーズン準備に伴い、
春夏の株を順次片付け中です。
土づくりもそろそろ。

春に植えたパクチーも掘り上げて、種を収穫しました。
Img_e7b07095d0735412d95f8ade8d5babc7
実を申しますと、
ワタクシは、パクチーたっぷり!派ではありません。
付け合わせとして少しいただく程度。
香りが強いものはちょっと苦手です。

パクチーは、実(種)もスパイスになるのですよね。
使ったことはないのですが、どんな風味なのかしら。
香りを凝縮した感じなのかしら。

種を取りながら、一つ、かじってみました。
Img_8c9a008dbfe0160442beb4b4e8262955
なんと!
パクチーの種はとても爽やかで…
上手く表現できないのですが、
香り高い紅茶の茶葉をかじったような、
そんなお洒落な味わい!
知らなかったなぁ。


来年、この種を発芽させるのは難しいかもしれないけれど、
もしも畑でこぼれ種から芽が出たらうれしいな~
なんて思います。

こぼれ種といえば、
これまで2か所4年間の市民農園では、
青じそが、どこからでも生えて来ていたので、
この春も苗を買わなかったのですが、
今回の市民農園では、全く生えて来ず…
誤算でした…


この秋から晩秋にかけては、どうするか。
いつもの「計画図」を作成中です。
Img_be7f74e4e6a1103949807b80c555592e
その次、次の次、のシーズンのことも考えつつ、
育てたい野菜の配置を考えていきます。
あれこれ楽しい妄想をして、計画を練っている時が楽しい。
何事もそうですね。

丁寧に、欲張らずに、続けていきたいです。
砥部焼・梅山窯さんの五寸玉縁鉢〈呉須巻〉、三寸玉縁鉢〈赤花〉が入荷しました。
Img_01d111f34074b67eda2a16c4e5b927ee
ぷっくりとして存在感のある「玉縁」は、
砥部焼のかたちの代名詞と云えるかも。
見た目にもすぐ「砥部焼!」と分かる。
白い玉縁が、絵付けの文様や色を惹き立てます。

様々な絵付けの種類がありますが、
今回取り寄せたのは、五寸は深い呉須の色が美しい〈呉須巻〉、
三寸は伸びやかな筆遣いで魅せる〈赤花〉です。
Img_6f504561765e4c5ca34587380faf94e7
ぽってりとした砥部焼の魅力を、味わってください。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。



すぐにご注文ページに進む方は、こちらからどうぞ↓




砥部焼・梅山窯さんの七寸布目楕円皿〈一ツ唐草〉が入荷しました。
Img_152ae248069ec83075155cc230ff5557
中は平らで、縁が立ち上がっているかたち。
平皿のような、深皿のような。
見方によって変わるユニークな器。
のせやすく、また、すくいやすさもあります。

また、楕円のかたちはスペースの取り方がスマート。
手前に飯碗とお椀を置く時は、おさまりがよいですね。
Img_6d02caafb1d72b693816441728e30443
器いっぱいに描かれた唐草、
そして布目のテクスチャーが、心地よい器です。
Img_bf17fff51cb9a8940be5ada9a472ca87
三寸八分の朝顔型小鉢〈呉須鉄線〉も再入荷しました。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。



すぐにご注文ページに進む方は、こちらからどうぞ↓




砥部焼・梅山窯さんの五寸縁付皿〈呉須〉が入荷しました。
Img_8a1e24fdc47ff0255c9487a62e32cc5e
とてもシンプルで、潔いデザイン。
これも砥部焼の魅力。
絶妙な幅の縁に、深い呉須の藍色。
シンプルな中にも、温かみや奥ゆかしさを感じる。
それはやはり、手仕事で生まれた器だからだと思います。
ふだんの暮らしに穏やかに寄り添うような。
きっと、長くながく、愛用できる器です。

縁があって持ちやすく、少し深さのあるかたちです。
Img_ddaef82d13b79e5045b4607ef2cd6fd7
北欧の器のような趣きもあって、
陶磁器、ガラス器、木工の器・・・
いろいろな器と取り合わせを楽しめそう。
銘々皿にも、ソーサーにもどうぞ。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。



すぐにご注文ページに進む方は、こちらからどうぞ↓




砥部焼・梅山窯さんのティーポット、そば猪口カップが入荷しました。
Img_8775decfac472411a706d0e7b4d94c6b
ほっこりとした時間を楽しめそうな、
素朴な雰囲気のポットとカップ。
休憩する時間は、
のどや体を潤すだけでなくて、
飲み物をゆっくりいれること、五感で楽しむことで、
心も潤す、暮らしの中の大切な時間。

帽子のような蓋が愛らしいティーポット。
緑茶も、紅茶も、コーヒーだって。
なんでも似合ってしまう。
Img_d864f0ee337782d97aaa9305ecbb4743
洗いやすくて、丈夫。
ふだんの暮らしに欠かせない、ポットとカップです。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。



すぐにご注文ページに進む方は、こちらからどうぞ↓