暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP 

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



砥部焼・梅山窯さんのカップ&ソーサーが入荷しました。
Img_c100683d604b7a876399780e551517d9
USAGIYAでも長くご紹介してきた〈十草〉の柄。
すっとした佇まいの「そば猪口型」のカップ&ソーサーには、
このシンプルな絵付けが映えて・・・とても魅力的です。

今回、〈たんぽぽ〉の柄も取寄せました。
綿毛がほどよく可愛らしくて、
上絵の赤色が印象的な器。
Img_973a4b7c7c0502341f25e208374d95ed
ご結婚など、人生の様々な節目の
お祝いギフトにもおすすめしたい器です。

コーヒーを飲む、そのひと時を、プレゼント。
Img_b52d39633be3bb653b4fe288818fc96e
あなたと、わたし。
こんな柄違いが、ほどよい距離感かもしれません。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。











唐突ですが、最近サマーニットを編みました。
Img_9d5cbf4401961ff174ccf76b43f1d0b1
きっかけは、5月のとある夜、“ひねり揚げ”を一袋完食してしまったこと^^;
食べ過ぎることから離れるために、始めました。

春夏シーズンに編み物をするのは初めて。
「着るもの」を作るのも初めて。
なぜサマーニットだったかといいますと、
昨夏、Eテレの『すてきにハンドメイド』でこのニットを観て、
初心者でもできるかもしれない・・・と、録画しておいたのを思い出したのです。

シンプルで素敵なデザインをありがとうございます、服田(はった)洋子さん。
ワインのコルクも使いやすかったです!

いろいろ、私には難しい点もありましたが、
夢中になれました。
こんな風に、祖母も、母も、編んでいたのかな。
Img_806762331b7b16d8f59dc123da0887e9
本当は、
誰かのために編んでいる方がずっと楽しい。
以前のハーフミトンねえやの靴下のように、プレゼントしたくなってしまうけど、
「着るもの」は、押しつけがましいですよね^^;
それにいかんせん、「着るもの」はごまかしが効かず、
力加減の粗が目立ってしまいます。

もっと編むことが上手にならないとなぁ。
感覚的なものですが、見ていて「安心」できるようなものを作りたい。

まずは基礎的な技術の向上。ということで、二枚目を編み始めております。


何かを、自分で作る。
日々の暮らしの中で、繰り返し、取り組んでいきたいこと。
衣・食・住、できることを。
昔はもっと、作ることが身近だったはず。
作ることの学び、
「意識を向けること」の先にあるもの、
何かを手にすることの難しさ、
そして楽しさ、
社会の仕組みまで。
あらゆる角度から、気づきがたくさんたくさんある。


**


段数のこと


今回、番組テキスト(編み図)は持っておらず、
録画を観て、編み図を起こしながら編みました。
毛糸も違うので、段数など、試行錯誤しつつ。

最初、観た通りの段数で後ろ身ごろを編みましたが、
それだと腕が入りそうになかった(・_・;)

私なりの結論としては、
透かし模様の段から数えて、襟の減らし目に入るのではなく、
袖が始まる段から新たに数えて・・・かと思われます。

今頃、録画だけを観て編むのは私くらいかと思いますが、
もしも同じような方がいらっしゃれば、ご参考まで。
梅雨らしく、雨が降ったり止んだりの毎日です。

ことしは冬はとても寒かったですが、
春から暖かかったせいなのか、夏野菜の育ちが早いような。
収穫も早めに始まりました。
Img_89a27ca3d5e1d69cf17a06583a3da464
まずはきゅうり(ちょっと「おばけ」ですが↑)、
かたちが可愛らしい丸茄子。
ミニトマトはオレンジ色の実の株から、少しずつ熟しています。
青じそやリーフレタスなどの葉物も、ふさふさ。

この日はありませんでしたが、ピーマンや中長茄子も収穫が始まりました。
株が弱らないよう、今の時季はあまり大きくならないうちに。


すっかり慣れてしまったけれど、
収穫した野菜は、新鮮で、美味しいです。
今はまだ若く、瑞々しさが際立つ。
これから、気温上昇によって成長し、実も変化していくでしょう。
その時々に合った調理法ができれば。
とても楽しみ!


梅雨らしく、ことしも梅の実がお店に並びましたね。
Img_15e610486475219d479a80fc0645c5db
いつもは一袋購入して梅ジュースを作りますが、
ことしは二袋、ちょっと欲を出してしまいました。
すべてジュースにするつもりでしたが、大きい瓶に入りきらず、
残り500gは、梅酒を仕込みました。
こちらも楽しみ^^


梅干しも作ってみたいのですが・・・
毎年漬けている友人に、弟子入りさせてもらいたいなぁ。



<ことしの梅ジュース>

梅 1.7kg
砂糖 1.2kg
酢 150cc
砥部焼・森陶房さんの〈ブルー木の葉〉のカレー皿&たたら小鉢です。
Img_b5ab02b5087bd68da75efa01af560881
“たたら作り”は、スライスした板状の磁土を成形して作る技法。
ろくろとはまた違った温かみがある器です。
森陶房さんのこの定番のカレー皿&たたら小鉢も、
ぽってりとした厚みやかたちが魅力的な器。

それぞれ、食器として使いやすい器であり、
和紙染めなどの絵付けも心地よく、使う喜びを感じさせてくれます。
ブルーの涼しげな色合いは、夏の暑い季節にぴったり。

楕円のかたちのカレー皿は、
たとえば旬のフルーツを入れたりして、「かご使い」のようにするのも素敵です。
一器多用を楽しんでください。



詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。









今回は、最終日になってしまいましたが・・・
日本民藝館に行って来ました。
Img_5ce35b615ed07f7eb7d788ef3cfaa4c1
今回の展示は、『柚木沙弥郎の染色――もようと色彩』。

到着すると、びっくりするくらい人がたくさん!
民藝館で、チケットを購入するのに外で並んだのは初めてでした。
出入口にはお客さんに対応するスタッフの方々も多数。
外に並ぶため、「あの小さな受付」でお会計&チケットの受け取り。
レアな体験だったのかもしれない。かどうかは不明(笑)。

あまり長居はできませんでしたが、
柚木さんの作品の数々を、
民藝館で味わうことの幸せを感じつつ、堪能しました。

大きな布に重ねられた模様と色は、
おおらかで美しくて、眺めていると愉快な気持ちになる。
作品がまるで太陽のようで、
光に向かって手を広げると、
精神にエネルギーを与えてくれるような。


**


民藝館に行く前に、
駒場東大前の駅の近くにあるべにや民芸店さんに行きました。
砥部焼・池本窯の池本惣一さんの個展を開催されていて、
こちらも、最終日だったのです。

池本窯さんは、登り窯で器を焼成されているのですよね。
磁器でありつつ、どこか柔らかな感じがします。

展示の中で、ねずみ白の器のかたちや色に心惹かれた・・・のですが、
やはり染付の器を購入。
Img_3e39737c1f11d2553a7fd5e4f7ec4e17
大きなフリーカップです。
カップとしては、私には大きいので、
布と合わせて飾ったり、花器にしたい。
まずは、台所で、調理小物を入れるつもりです。
毎日眺められるから。
台所での動作を、もう少しゆっくり、丁寧に。
そしてふだんの台所をもっときれいに。
そんな心持を与えてくれるように感じました。

どんな工芸品でも、楽器でも、何でもそうですが、
「こうしたい」と思わせる力があるものこそ、
ふだんの暮らしに必要なものですね。

民藝館に行った後、べにやさんにカップを受け取りに行ったのですが、
べにやさんのご夫妻のお話では、民藝館はここのところ毎日大賑わいだったようです。
そうだったのですね・・・

また静かな民藝館に行こう。

砥部焼・梅乃瀬窯さんの四寸隅切皿とフリーカップです。
Img_1fce04c1c6ea02cde0f9e5b164f6d5ba
〈ドット〉の一粒一粒は、象嵌。
シンプルで何気ないですが、表情豊か。
深い呉須の藍色のドットの中に、
鉄の茶色のドットが一粒。
お子さんが見つけて喜んでくれるかしら。
大人の方がわくわくしたりして。

ほわっとした〈水玉〉は、
一つが器のふちにかかっています。
Img_590f513b7af16596799559deb86677a5
作り手のささやかな遊び心が、
使う楽しさを運んでくれます。

そしてやさしい触り心地の、梅乃瀬窯さんの器です。



詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。