暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP 

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



唐突ですが、最近サマーニットを編みました。
Img_9d5cbf4401961ff174ccf76b43f1d0b1
きっかけは、5月のとある夜、“ひねり揚げ”を一袋完食してしまったこと^^;
食べ過ぎることから離れるために、始めました。

春夏シーズンに編み物をするのは初めて。
「着るもの」を作るのも初めて。
なぜサマーニットだったかといいますと、
昨夏、Eテレの『すてきにハンドメイド』でこのニットを観て、
初心者でもできるかもしれない・・・と、録画しておいたのを思い出したのです。

シンプルで素敵なデザインをありがとうございます、服田(はった)洋子さん。
ワインのコルクも使いやすかったです!

いろいろ、私には難しい点もありましたが、
夢中になれました。
こんな風に、祖母も、母も、編んでいたのかな。
Img_806762331b7b16d8f59dc123da0887e9
本当は、
誰かのために編んでいる方がずっと楽しい。
以前のハーフミトンねえやの靴下のように、プレゼントしたくなってしまうけど、
「着るもの」は、押しつけがましいですよね^^;
それにいかんせん、「着るもの」はごまかしが効かず、
力加減の粗が目立ってしまいます。

もっと編むことが上手にならないとなぁ。
感覚的なものですが、見ていて「安心」できるようなものを作りたい。

まずは基礎的な技術の向上。ということで、二枚目を編み始めております。


何かを、自分で作る。
日々の暮らしの中で、繰り返し、取り組んでいきたいこと。
衣・食・住、できることを。
昔はもっと、作ることが身近だったはず。
作ることの学び、
「意識を向けること」の先にあるもの、
何かを手にすることの難しさ、
そして楽しさ、
社会の仕組みまで。
あらゆる角度から、気づきがたくさんたくさんある。


**


段数のこと


今回、番組テキスト(編み図)は持っておらず、
録画を観て、編み図を起こしながら編みました。
毛糸も違うので、段数など、試行錯誤しつつ。

最初、観た通りの段数で後ろ身ごろを編みましたが、
それだと腕が入りそうになかった(・_・;)

私なりの結論としては、
透かし模様の段から数えて、襟の減らし目に入るのではなく、
袖が始まる段から新たに数えて・・・かと思われます。

今頃、録画だけを観て編むのは私くらいかと思いますが、
もしも同じような方がいらっしゃれば、ご参考まで。
今回は、先日訪れた「藤野ぐるっと陶器市」で購入したものを・・・^^


まず静風舎さんエリアでは、可愛らしい小物たち。

アキノヨーコさんのガラスの箸置きに、
Img_61035d230bf71a45c944b4c3b6de2fd7
Img_f2ad5985f0ceaa64b41389b2ab96b1ab
アトリエ紡さんの豆皿。
まるでお菓子のような、釉薬で表現された色がキュート。

そして中野千秋さんの書(バッジ&ミラー)、
副島舎人さんの真鍮のシンプルな指輪。
Img_7b43b228e2fc14cb4f333101cc2db14d
「叶」、素敵な字。
パワーをいただけそう。

次のShuさんと工房艸さんエリアでは、
鷹尾葉子さんの陶器と、高橋禎彦さんの吹きガラス。

四角い陶器は壁掛けですが、
平皿としても使えるようになっています。
一輪挿しは、12cm高さくらい。
Img_739c9126b06f646dcdd9590bdef94a60
Img_7a94450a7e6bfd2ef3425745a093ed22
Img_048b3f2568d727e839c8b551fbfc1e63
背の高いシャンパングラス、
取っ手の付いた、マグカップ。
ガラスのマグカップは、薄めの耐熱ガラス製品のものを見かけるけれど、
吹きガラスでは珍しいように思いました。
モールがとても美しく、軽いつくり。
用と美がまさに融合していますね。

gallery studio fujinoさんでは、
土物の角皿。
Img_3a04e7a64daeff3fc2fcfd089b13ee2c
どうも、陶器では、
四角いかたちのものを選びがちですね。
昨年も角皿を購入したっけ。
丸いかたちの陶器のボウルも、気に入ったものがあったのですけれど、
それはまた、別の機会に。


砥部焼(磁器)は元は石だけれど、丸みにやわらかさを感じる。
それを筆遣いがぐっと引き締める。
陶器は元は土だけれど、石のような質感と硬さが魅力。
それに釉薬やかたちが温かみをもたらす。

テーブルには、磁器も陶器もバランスよく並ぶのがいいなと思っています。
そしてガラス器や木工も。


こういった陶器市でのお買い物は、大好きです。
いろいろ買う言い訳のよう!?
でも本当です。
たくさんの方々が、一つのイベントに、それぞれに関わり、
人々が会話を楽しみ、そのひと時を共有する。
そして使って味わう。

USAGIYAのONLINE SHOPも、
お客さまとのやり取りは主にメールになりますが、
楽しくお買い物をしていただけるように、
楽しんで続けていきたい。
昨年に続いて、
ことしも行って来ました『藤野ぐるっと陶器市』^^


今回はひとり旅。
シャトルバスを利用し、
静風舎&FOREST MARKETエリア~カフェレストランShu&工房艸エリア~gallery studio fujinoエリア
というルートで3か所を巡ることに。

まず静風舎入口でシャトルバスを降り、
つい急ぎ足で歩いていたら、
砂利道ですってんころりん( ̄▽ ̄)
浮足立つとはまさにこのこと。
物欲の出し過ぎには、気を付けようと思います・・・
景色を眺めながら、ゆっくり歩くことに変更。

さておき。

まずは、静風舎さんなどのエリア。
Img_5714df5de457a9e03e37dcff9a7b1ab3
Img_d210d476e7bcc92c558c528dc3ed8fde
Img_df24777b5abed5cbdfff3613ec079727
緑の森に囲まれていますが、
開放的な空間もあり、眺めもよくて、
風が通り抜ける心地よい場所です。
副島舎人さんの工房を写させていただきましたが、
夜、とても静かなのがよいとおっしゃっていました。
ちょっと想像してみる・・・


移動して、
カフェレストランShuさんにてランチを。
店員さんにおすすめを尋ねてみたところ、
チキンカレーや限定メニューのステーキもいいけれど、
イノシシのカレーは珍しいですよね!と。
ということで「ししカレー」をオーダー。
美味しかったー!
猪肉が、ほろほろ、とろとろになっていて、
カレーのルー=ほぼ猪肉。
とっても食べ応えがありました。
Img_4927e01b5cbf72a172c27db530da3ed5
Img_e4435e410775c33f5d44839e72246f93
Img_aef0c8f72d423cd3523fba8363174dda
Shuさんの併設のギャラリーで、お買い物。
ここは、10時前からお客さんが並んでいたそうで、
お昼時には、残りわずかでした(汗)。


ランチのあとは、Shuさんの近くの工房艸さんエリアへ。
Img_e6755a79ae25beed2a99b66535755557
Img_147ddcff7075e5e2823a757651a591d8
Img_8afe23607affe192c9027fb44d111aec
畑の中のエリアです。
じゃがいもがふさふさだったなぁ。
このくらいの広さで、野菜を育てたいなぁ。
(市民農園のわが区画は、3m×3m=9㎡。)

まわりの方々の朗らかな声を聴きながら、
畑と山々の景色を眺めながら、
TINY WORK COFFEEさんのホットコーヒーをいただきました。


そして、gallery studio fujinoさんのエリアへ移動。

Img_c352b86680ebce783d461cf4aa074cbf
Img_4473081dbfc63184287d6109843f005a
Img_a4b3405fda22ee694b3aa8da3f74f101
小川を渡り、
少し上ったところにある古民家。
とても素敵なGalleryさんでした。

蔵の中で展示されていた、
はいいろオオカミ+花屋 西別府商店さん特別展の「灯り」が、
本当に素晴らしかった・・・


広い空、
青々とした美しい木々と水、
そして手仕事の美しい品々を、堪能した一日でした。

シャトルバスは、20~30分ほど遅れる時間帯もありましたが、
ことしも活用させていただきました。
ぐるっと陶器市は、車でぐるっと巡るのが理想だけれど、
シャトルバスでぐるっとするのも、また楽しいです^^


次回は、購入したものをご紹介~
お付き合いください(笑)。
先日、
三菱一号館美術館で開催されている
ルドン―秘密の花園』を観に行きました。
Img_6a3b3004d557bf66fecc2556a1ca1e0d
オディロン・ルドンと云うと、
色彩豊かな花の絵と、
ぞわっとするようなモチーフや黒の絵との、
極端な差が、昔から心に引っかかっている画家。
どちらもどこか不思議で、とても惹かれるのです。


今回も(例によって)
『ぶらぶら美術・博物館』や
『日曜美術館』で予習をしてから行きました。
実際に観るとますます、
絵を思い出して、心にじわじわと迫って来る…
ルドンとは、一度でいいから、じっくり話をしてみたい。
鑑賞というのは、観る者にゆだねられているのだろうけれど、
どうしてこの構図になったのかとか、
預言者の絵の胸の中についてとか、
とても興味深い話が聞けそうで。


Cafe1894では、
『グラン・ブーケ』↑(写真はお城で飾られていた場所を再現したフォトスポットです)にちなんだケーキを。
爽やかで、とても美味しかった。
(向かいは、開館8周年にちなんだ「8」みつカフェオレを飲みながら図録を読む父)
Img_56592d7a4b2fdbe79e595a4aeff86df7
Img_c407414e09dbfab62da1f68dffca1217
歴史のある建物を観るのは大好きです。
そこで時を過ごす贅沢…


Store1894で見つけたお土産は、布の缶バッジ。
Img_3732d23f71836bb4f845f79971485b38
ルドンが装飾品のデザインもしていたことを初めて知りました。
ほほうー。

このバッジは、ルドンの絵の一部を模したものですが、
その絵をもとに織られたゴブラン織は、肘掛け椅子に使われていました。

夏、Tシャツなどに付けたいな。
Img_c07766ed499890410e6ad7863693d459
Img_05e421d2e5e8be4fbaec99cc1c5dfed2
館内からの景色・・・丸の内っぽいわ(笑)。


**


ルドンの絵を初めて観たのは、
1989年、東京国立近代美術館『オディロン・ルドン展』でした。
全てにおいて私の三歩くらい先を歩いていた友人とふたりで。
(一部の)絵を観て気味悪がっていた私とは対照的に、
彼女はすごくおもしろそうに観ていたっけ。

それが確か、中学校の卒業式の日だったのですよね。
午前中に式を終えて(中高一貫だったので涙はちょっぴり)、
彼女に連れられ、お昼に銀座の竹葉亭で(私は人生初の)鯛茶漬けをいただいてうっとりし、
午後に美術館に行ったような。
ルドンの絵と共に、心に残る一日になりました。


その友人とは、高校卒業後は年賀状のやり取りだけになってしまいましたが、
彼女は美大に行って、卒業後は確かジュエリーデザイナーになって。
お子さんたちはもう、私たちが『オディロン・ルドン展』に行った頃の歳かしら。
時の流れを感じます・・・
今でももちろん、彼女は私の三歩先を歩いているに違いない。
昨日は少し肌寒かったですが、
すっかり春めいて、お出かけ日和が続いています。
木々も、花々も、ことしはずいぶん急いでいて、
季節が半月くらい早く進んでいる感じです。


昨日は母の月命日。
父・姉といつものお墓参りのあとに、
銀座のACギャラリーさんで行われている
河田ヒロさんの個展に行きました。
素敵な作品に癒されましたー

今日は一日、仕事の合間合間に
河田さんの本を読んで過ごしました。
ページをめくっていると、河田さんのイラストや文章に触発されて、
記憶の中からきらきらしたものがよみがえってくるような、素敵な本です。
Img_bf760343a3aab3886e8244d22cb2e3ad
読むのは数年ぶりでした。
この数年間で経験したことや気づいたことが、また新しい視点となる。
再読を楽しむことは、歳を重ねたごほうび・・・かな。


昨日は、自分の体調がすぐれず、
ギャラリーでほぼ座っての鑑賞になってしまい、申し訳なかったです。
寒暖差や、花粉症に加えて、
湿気がだんだん多くなるこの時季は負担が大きくて、
いろいろ変調が起こります・・・
それも例年より、半月くらい早いなぁ。
湿気に慣れるまでの辛抱ですね。


そうそう、
ACギャラリーさんに、
ことしの「藤野ぐるっと陶器市」のパンフレットが置いてあったので、いただいて来ました。
昨年初めて行きましたが、とても楽しい一日でした。
Img_2fb5d45a06cff5488227760b64bbfa95
昨年購入した鳥のブローチ↗は、
最近はロングカーディガンの前を留めるのに愛用しています^^

ことしも行けるといいな。